テレビアンテナやトラブルは電気工事士に施工を依頼

住宅で漏電などが発生した場合は業者に相談を行ないましょう

定期点検でトラブルを防ぐ【電気工事をする時期を把握する】

住宅で停電などのトラブルが発生するのを防ぐには定期点検を行ない、電気工事を行なうタイミングを把握しておく必要があります。

正しく配線されているか確認する
配線の接続がきちんと行なわれていないと、熱やトラッキング現象が起きてトラブルが発生する可能性があります。まずは住宅のプラグをきちんと調べ、コンセントがしっかりと接続されているかどうかを確かめておきましょう。
コンセントに破損はないか確認する
使用している家電のコンセントに破損が生じていると、放電や漏電が発生してしまう危険性が高いです。コンセントにぐらつきやヒビがある場合は、コンセントの修理や交換を行なって正常な状態を維持しておく必要があります。
電気設備の耐用年数を確認する
長い間コンセントを利用していると経年劣化が生じ、徐々に不具合が発生しやすくなってしまいます。こうしたトラブルが発生するのを防ぐには家電の買い替えなどを行ない、設備を常に正常な状態で使用できるように対応するのが最適です。
雨漏りしてないか確認する
いくら設備の状態が良くても、自宅に雨漏りが生じていると家電に漏電などのトラブルが発生しやすくなります。家電の状態をチェックする際は住宅の状態もよく確認し、雨漏りを予防して故障や漏電の発生を防ぎましょう。

このように住宅や家電の状態を日頃からきちんとチェックしていれば、住宅で停電や漏電などのトラブルが発生することはありません。万が一点検を実施しているのに停電などが発生した場合は、業者に修理を依頼しましょう。

電気工事士はどんなトラブルでも解決

電気修理

電気工事を取り扱っている業者はテレビアンテナの設置工事や、住宅設備の修理を行なってくれます。ここでは電気工事士に修理工事を依頼した方の口コミを紹介しています。修理依頼を行なう予定は事前に確認しておきましょう。

タコ足配線を解消できました(40代/男性)

自宅で使用する設備の数がとても多く、タコ足配線が発生していたので業者に相談を行ないました。配線工事でコンセントの数を増やしたところ、家電の配線が絡まることがなくなりました。施工を行なってくれた業者に感謝しています。

漏電してたけど、火事にならずにすみました(50代/女性)

住宅の電気代が急に増えたので、電気工事士の方に住宅を点検してもらいました。その結果配線に漏電が発生していたらしく、すぐに修理を実施してもらいました。工事後は電気代の増加もなく、普段通りの日常生活を楽しんでいます。

電気工事前は度々ブレーカーが落ちていました(40代/男性)

自宅で使用する家電の数が増えたので、業者にコンセントの増設と配線工事を依頼しました。工事を行なう前はブレーカーが落ちるのに悩んでいたのですが、施工後はブレーカーが落ちなくなったので快適に家電を使用しています。

映りが悪かった原因はテレビアンテナの寿命でした(30代/女性)

最近になってテレビの映像がよく乱れるようになったので、電気工事士にトラブルを相談しました。テレビアンテナ交換などを実施してもらったところ、テレビがきれいに映るようになりました。アンテナの寿命を伸ばす対処法も教えて頂いたのでとても満足しています。